So-net無料ブログ作成

本日の宿題 [語学問題]

ドイツのひとは、恋人や配偶者を、「しゃっつ」とか、「しゃっつひぇん」、と、呼ぶ。
「しゃっつ」、は、「宝物」という意味だ。
(「しゃっつひぇん」は、ちょっとかわいい言い方で、強いて訳せば「宝物ちゃん」。)

ワタシの宝物、ボクの宝物と互いを呼び合うなんて、
きゃ~~~~、
照れ屋なおでは背中のあたりがむずかゆくなってしまうのだが、
これは英語の「ダーリン」みたいに、言い慣れた愛称なので、
ドイツのひとはかゆくないらしい。

ところが、誰もが使っている「しゃっつ」じゃ、つまらない。
自分だけが使う愛称で、愛する人を呼びたい、と考えるひともいる。
インターネット上でオリジナルの愛称を募集したところ、変わった愛称がたくさん寄せられた。

シャンパントリュフ、赤カブ、ミルクピッチャー

他にも多数の愛称が枚挙されていたが、
辞書に載っていない単語で、おでには意味不明。
ちなみにFlauschi,geliebter Waldschrat,Chaoszwerg など。

しかし、どう考えても、「しゃっつ」の方がステキだ。
最初に恋人を「宝物」と呼んだ、ロマンチストはすごいなあ、と改めて思う。
つか、シャンパントリュフに赤カブに、ミルクピッチャーって、ひどくねー?
つか、ミルクピッチャーって、まさかの下ネタじゃねー?

ところで、このアンケート結果は教科書のテキストなのです。
本日の宿題は、これを読んで以下の記述問題を回答するというもの。

このアンケート結果を踏まえて、以下の内容を記載した文章を書きなさい。
1.あなたの国の一般的な愛称はどんなものですか?それはどんな意味ですか?
2.あなたはどの愛称にオリジナリティがあると思いますか?またその理由は?
3.人前でも愛称を使って良いと思いますか?またその理由は?

・・・全然、やる気がでない。

あ、そうだ。
「しゃっつ」と同じく一般的な愛称に「もいすひぇん」ってのもあった。
「もいすひぇん」の意味は、「鼠ちゃん」。
げっ歯類恐怖症のおでには、愛する人を鼠よばわりする気持ちは理解不能。
鼠好きのひと限定の愛称だと、思われる。

「りーぶりんぐ」ってのも一般的。
普通に「愛する人」って、意味もこれまた一般的。

さて、と。
やる気がなくとも宿題やります、やらないと。

(おしまい)
nice!(7)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。