So-net無料ブログ作成

おどろかれたはなし [日記]

小学生時代、道徳の授業で見せられたテレビ番組。その主題歌の歌詞が気になるんだ、とおっとに歌ってみせた。

「口笛ふいて~、
あき地へいった~、
知らない子はもういない~、
みんな仲間だ仲良しなんだ~」

知らない子はどこ行ったのさ?

長年ひそかに抱きつづけた、疑問を披露したところ、おっとはちょっと驚いた顔をする。「それ、本気で言ってる?」

え?本気だけど?

「遊ばないかと笑っていった~」の、あとにいなくなっちゃったら何らかの事件に巻き込まれたか、または、彼自身が座敷わらしなどの妖怪的な存在だった可能性を考えるじゃん、ふつうは。

よく考えて、と、言い、今度はおっとが「口笛吹いて~」と歌いだした。

口笛吹いて 空地へ行った
知らない子がやってきて 遊ばないかと笑って言った
独りぼっちはつまらない 誰とでも仲間になって 仲良しになろう
口笛吹いて 空地へ行った
知らない子はもういない みんな仲間だ仲良しなんだ~~♪

言われた通り、よく考えながら聴いて、そして、

「わかった!!」

「知らない子」と遊んだ結果、「知っている子」になった、イコール「知らない子」はいなくなった!!なるほど、そういうことだったのか~、わたしてきにはかなりのアハ体験で、大興奮だったのだが、おっとはそのような勘違いをするひとがいることに「かなりびっくりした」とのこと。

どうでもいいはなしだけど、わたしと同じ勘違いをしてたひとがいるといいなあ、と思って。

(おしまい)

猫のはなし [日記]

休みの日にはときどき、近所にある、猫専門の高級ペットショップに行く。
おっとは子供のころから何匹も猫を飼っていて、結婚後は猫がいない生活を続けているものの、ときどき恋しくなるらしい。子猫を見る目に半端ない愛情があふれているので、めざとい店員さんにしょっちゅう声をかけられている。

今日も、「ついつい、にやけちゃいますよね~」と、店員さんが言うのが聞こえて、おっとを振り返ってみるとちょっとその顔はどうなのよと言いたくなるほどのにやけぶりでマンチカンを眺めている。彼の猫愛を瞬時に見抜いた店員さんが、「いま、猫ちゃん飼ってるんですか?」「どんなタイプの猫ちゃんがお好きなんですか?」とつぎつぎ質問するのに、「昔はいっぱい飼ってたんですけど、今はいないんです」「長毛じゃなくてthe猫って感じの短い毛のやつが好きですね」と正直にお答えしている。昔はいっぱい飼っていた、の「いっぱい」ってところに、実はいまも飼いたいお気持ちがあふれてるよな、と思ったが、プロ店員はそれを決して見逃さない。「ちょっとまっててください」、とロシアンブルーの子猫を檻から出してきた。今日仲間入りしたばかり、という、the猫って感じの短毛種をつれてこられて、おっとの呼吸はときめきではあはあだ。「抱っこしてみますか?」なんて聞くまでもないだろう、店員。

手を消毒して、椅子にすわり、膝に猫をのせてもらうとおっとはもうとろとろで、にやけちゃう、どころの話ではない。やれやれと眺めていたら、ロシアンブルーはこちらにきたくて仕方がない様子。猫を飼った経験のないわたしはちょっとビビったのだが、どうぞと店員さんが渡してくれたちいさい子を受け取ってしまった。
膝にのったちいさいグレーのふわふわしたやつをおそるおそる撫でてみると、まあ、なんてやわらかいのかしら。その毛のすばらしい手触りに驚き、「やっぱり高いやつは違う」と明らかにおっとの実家の雑種猫をディスった発言をしてしまったのだが、おっとも「毛並みが違う」と納得のご様子。ロシアンブルーは「神経質な描種」なのだそうだ。もしわれわれがこの子を飼ったとしたら、われわれにしか懐かないという。「お客さんが来たらすぐに隠れて、半日はでてこないでしょう」、初対面のわたしの手をべろべろなめているこいつが、そのような内気な性格だとは思いにくいが、でも、そういう性格はきらいじゃない。「ごめんなさいね、うちの子人見知りで~」、と客に言い訳する自分を妄想し、悪くない、と思った。「ふみふみしてますね」店員さんにいわれてみると、ロシアンブルーはわたしの膝で前足を交互に動かしてふみふみしている。お母さんのおっぱいを飲むときのしぐさなのだそうだ。「リラックスして甘えているときの行動です」、まじか。おでのようなものに甘えてくれるのか、お前は・・・。すでにこのちいさいやつを愛し始めているわたしに、店員さんが言う。「去勢手術をすると猫ちゃんは飼い主さんを死ぬまでずっと母猫だと思うようになるんです」。母猫、おでが母猫に・・・。ロシアンブルーに指を甘噛みされながら、死ぬまで自分に甘え続ける猫と暮らす人生を妄想。あまりの幸せにくらくらする。

「猫アレルギーは大丈夫ですか」、店員さんの質問ではっと我に返った。「実はそうなんですよ」わたしを指さして、おっとが答えている。「じゃあ、しっかり様子をみたほうがいいですね」、店員さんも慎重に言うが、いまのところ痒くもなければくしゃみもでていない。「いい猫なら大丈夫かもしれない、拾ったやつだからアレルギーでたけど」、ロシアンブルーを取り上げられたくない一心で、おっとの実家の猫を「拾ったやつ」とまで蔑んでしまったが、「それはあると思う」おっともあっさり同意。「実際、それはあります」、店員さんもいう。ちゃんとしたブリーダーさんのもとで生まれて、一度も外に出さずに飼っている猫はアレルギーが出にくいのだそうだ。じゃあ、しっかり触って、アレルギーが出ないかどうか試します、とこれでもかとグレーの子猫をなでまわし、顔を近づけた後、未練たっぷりに返して店を出た。
今日一日様子をみて、アレルギーがでなければ大丈夫だ。猫エッセンスがたっぷりついている手で顔や首をさわって、これでかゆくならなかったら飼える、すぐに迎えに行くからね、と、こころの我が子に約束する。

ところが、結論から言うとアレルギーはでた。まず、目がかゆくなり、アレルギーテストのつもりでべたべた触った顔や首が赤くなり、やばいやばいと手を洗い猫エッセンスを除去するも、しばらくの間かゆかった。実は、かつてアレルギー検査をしたとき、一番強く出たのが猫アレルギーで、お医者さんに「猫にかまれたら死ぬレベル、でも猫は噛まないからよかったね」と言われたのであった。高級なやつでも拾ったやつでもわたしには毒になるのだ。わたしは一生、母猫にはなれない。

なんか、かなしいはなしで、すみません。

(おしまい)

IMG_1034 (2).JPG

ほめられなかったはなし [日記]

先日、餃子の皮を手作りしました。
ドイツのひとは日常的に餃子を食べないらしく、近所のスーパーで餃子の皮は売っていません。
電車に乗って、アジア食材店へいけば買えるのですが、めんどくさかった。
だから、自分で作りました。
ほめられるはなしでは、ありません。

しかし、初めてでもちゃんとできたので、
「すごい上手にできた」、そういって食卓に出したところ、
おとっつあんはつられて「買ったやつより美味い」と、ほめました。

ほめられるのは大変気分がよろしい。
次はワンタンの皮に挑戦して、またほめられることにしました。
キッチンにこもって作業している、おでの様子をおとっつあんが見に来たので、
「ちょっとやってみる?」、と道具を渡し、
「おとっつあん、上手だな-!」
実際、おでがやるより薄くのびた皮をほめつづけた結果、
おとっつあんは、ほぼ全部ひとりでやってしまいました。
ほめ効果、ブラボーー!

鶏ガラでとっただしで作った、ワンタンスープはまあまあおいしくて、
「うますぎる!」、とほめながら、あっという間に平らげてしまったのですが、
なんだか、まだ足りない、気持ちでした。
そこで、おではとっておきの「ほめられポイント」をおとっつあんに披露したのです。

「このワンタンスープ2人前の原価は、な、な、なんと、
 30円です!

鼻の穴をふくらませ、ほめられるのを待つおでに、
おとっつあんは言いました。

「それ聞いて、ちょっとさめた。」

えーーー!!
ムンク顔で叫んで、しかし、すぐ失敗に気がつきました。

「北海道産有機栽培の小麦と、富士山の湧水を使い、超高級中華料理店のレシピで作った」

オトコは、こっちを喜ぶ生きもの。
たとえ、原価が3000円でもよいのです。

おでてきには今回のお料理で一番の満足ポイントは、原価だったんですけどね。

(おしまい)

アバウトな計画のはなし [日記]

5月がおわり、昨日から6月です。

今年も半分がおわってしまいました。
早かったです。
おそるべきスピードで過ぎ去った、上半期を嘆いても仕方ないので、
下半期の計画を立ててみました。

1.三味線を、もすこしがんばる。
2.ドイツ語を、もすこしがんばる。
3.睡眠時間を、もすこしへらす。
4.カラダを、もすこし鍛える。

「もすこし」のサジ加減でどうにでもなりそうな計画ですが、
上半期よりがんばろうという、前向きな姿勢はなかなか良いです。
りっぱですよ、ミッソさん。

自分を客観的に、かつ、上からの目線で眺め、
ほめてやったところで気がつきました。

6月は下半期ではありません。
1、2、3、4、5、
指を折って数えたら、5本です。
1年は12ヶ月ですから、指6本で半分という計算になります。
すこしむつかしい話ですが、つまり、
6月はまだ上半期なのです。

でも、下半期計画をひと月早くたててしまったあたり、
やる気が感じられて、なかなか良いですよ、ミッソさん。

またしても上から目線の自分にほめてもらいましたが、
「いや、ただの粗忽ス」
そこんとこは、否定させていただきました。

(おしまい)

禁じられたはなし [日記]

おとっつあんが出張カバンにウイスキーを入れていた。
「持ってって良いよね?」
というので、「もちろんよござんす」と答えたのだが、
おとっつあんの出張先は中東だ。
「持ってっても、良いんだよね?」
今度はおでが聞き返した。
こんな飲みかけの安ウイスキーのために逮捕されては困ると思ったからだ。
しかし、おとっつあんの出張先、バーレーンは宗教的規制がゆるく、
お酒の持ち込みも飲酒もOKなのだそうだ。

禁酒の国があるなら、禁煙の国もあればいいのに。

おとっつあんが置いていった、タバコを吸いながら思った。
そしたら、おでだってタバコやめる。

ついでに言うなら、「禁・ゴロゴロ」の国もあればいいと思う。
ゴロゴロして逮捕されるなら、おでだって一日中ゴロゴロしてたりしない。

「禁・洗濯物干しっぱなし」の国もいいと思う。
「禁・電気つけっぱなしで寝ること」の国もいい。
あと、「禁・三国志ゲームやりすぎ」の国。

おとっつあんは「禁・くつした脱ぎっぱなし」の国に住むべきだ。
あと、「禁・深夜のラーメン」の国。

いやはや、こんな果てしなくしょうもないことを30分も考え続けてしまったおでは、
ナニを禁止している国に移住したらよいのだろうか。
「禁・ヒマ」の国か?
でも、ヒマなしの人生はなかなかにしんどかろう。
たまには何の役にもたたぬ時間をほげれーと過ごしたくなるにちがいない。
だから「禁・ヒマ」の国の近くには、「ヒマ自由」の国があったりするのかもしれない。
バーレーンのように。

なんつって、ちょっとお利口ぶったことを書いて締めくくっても、
「禁・トイレ流し忘れ」の国などを想像していた、貴重な30分は帰ってこないのであった。

(おしまい)

Twenty years ago のはなし [日記]

筆箱が壊れた。
1990年代初めに購入して以来、20年弱にわたる長いつきあいだった。

ワンレングスという名の、前も後ろも同じ長さにそろえた長髪のおでが、
ちょっとでも下を向くとばさーっと落ちてくる長い前髪を掻き上げながら、
近所のスーパー、ピーコックで選んだオレンジ色の筆箱。
2010年の現在、それはもはやオレンジ色ではなくなっていたが、
筆箱としての機能はちゃんと果たしていた。
しかし、おでが先日、牛乳をこぼしたまま放置したためファスナーが壊れてしまった。
筆箱に申し訳ないことをしたと、すこし、思ったが、

もっと早く捨てるべきだった

と、ふかく思った。
こんなに古びて薄汚れた筆箱を平気で愛用していたとは、レディー失格。
身だしなみのみならず、身の回りの物すべてに気を配れない女はレディーではない、
それは、レディーじゃない女だ。
おでは古びて薄汚れた筆箱を捨て、
せめて、レディーに見えなくもない女になろうと、思った。

新しい筆箱を買おう。
なんか、レディーなブランドのやつ。
いや、待てよ。
どっかに、使ってない筆箱のひとつやふたつありゃしないか?

↑ こういうことを考えてしまう時点で、レディーかどうかの問題外なおでが、
家の中を探索した結果、筆箱がやはりひとつ見つかった。
探せば筆箱がひとつふたつでてくる家に住む、おではレディーどころか、
「捨てられない病」ではないかという別の問題が発生しなくもないが、
そんなことはどうでもいい。

問題は、発見された筆箱である。

CIMG2035.JPG

"IT WAS TWENTY YEARS AGO " のロゴ、そして、ビートルズ。

これは「ビートルズ来日20周年記念イベント」を見に東京へ行った、友達からのお土産だ。
ブリキでできた、通称「缶ペン」。

今や、ビートルズが来日した1966年は、
IT WAS FORTYFOUR YEARS AGO

(おしまい)

噴火のはなし [日記]

アイスランドの火山噴火ぬよる火山灰の影響で、
今、ヨーロッパの空路が大変なことぬなっている。
おでの住む、デュッセルドルフの空港は昨日から封鎖中で、
デュッセルドルフ発着の便はすべて欠航。

ミラノ出張ぬ行っていた、おとっつあんがこのアクシデントぬ巻き込まれた。
金曜日の夜ぬ帰る予定だったが、飛行機が飛ばない。
そして、土曜日の今日ぬなっても運行再開の見通しがたたないため、
おとっつあんは陸路で帰宅することぬなった。

おでが慌ててもどうしようもないのだが、心配でやや動揺している。
そのため、助詞の「に」を「ぬ」ぬ書き間違える現象が発生中。
よくあることなので、おかまいなく。

今朝、タクシーでミラノからスイスのバーゼルへ向かう、と電話があったのだが、
前代未聞の出来事ぬ直面して、おとっつあんのテンションはいささか妙であった。
「すごいことになってる!ひとがいっぱいで、電車のチケットも売り切れ!」
すごい、を連発するおとっつあんの話を聞きながら、
おでは「ひょっとしてこのひと、ちょっと楽しいんじゃないかな」、
と思わなくもなかったのだが、それは言わずぬ、「気をつけてね」と電話を切った。

先ほど、無事ぬバーゼルぬ着いたと電話があった。
すんげえ疲れてお腹へりへりだから、いまレストランぬ入ったところ、と言っていた。
中華料理を食べようと思ったらしいが、中華レストランはなく、

「結局、あるレストランに入りました。
さて、何レストランでしょうー?」

とか、言う。
やっぱり、このひとは楽しい気分ぬなっている気がする、と思ったが、

「和食?」

一応、付き合った。

「はずれです。
正解は、

チーズフォンデュ・レストランでした!

ひとは、アクシデントぬ直面すると、やたら楽しい気分ぬなる場合があるようだ。
アイスランドの火山が噴火したおかげで、
ひとつ、勉強ぬなった。

(おしまい)

里子にだすはなし [日記]

引越しで、かなりたくさんのモノを捨てた。

ひとところに7年も住むと、いらんものが結構たまっているものだ。
ああ…、しょうもないモノを大量に溜め込んでいたから、
風水てきにアレで、おでの運気はもひとつ上がらなかったかもしれない。
と、思ったりしたが、
運気について全然悩まなかったので、風水を考えなかったと言えなくもない。
ってことは、
ゴミてきな品々をクローゼットにほおりこみっぱなしにしていたのは、
幸せだったからということか!いいことじゃん!!

いや、ただのズボラだね。
自己弁護ばかり得意なのは、おでのいけないところだと思う。

今年の目標 ① 「屁理屈は、やめる。」

しかしながら、風水のいうことは時々ただしい。
モノを捨てるのは、なかなかに気持ちのよいものであった。
気分一新、がんばるぞとスッキリ前向きな気持ちになる。

だけど、引越しのために泣く泣く手放したものも、なくはない。

サボ子さんとか。

引越しが決まった、去年の夏ごろから、
友人ひとりひとりを思い浮かべて、
誰ならサボ子さんを大事にしてくれるかと、
ちょっとここでは言えないシビアさで、友人を吟味していた。
そして、おでの友人にサボ子さんを託せる人物はいないと結論したことは、
ここでは絶対言ってはいけないと思う。

結局、サボ子さんを里子に出すことになったのは、年末にお邪魔した先輩宅。

おではお食事をよばれながら、
お宅の日当たりや、窓辺のポトスの元気具合を、
これまた、ここではちょっと言いにくいシビアな目で観察し、
よし、この家に決定だ!と勝手に決め、
サボ子さんをお願いしますと、一方てきに頼み、
ちょ、ちょっと、サボ子さんて誰?
という先輩に、写メをみせ、
あーよかった、このお家ならサボ子さんもしあわせだー、
と勝手に大喜びして、
じゃ、引越し前にお届けしますのでー、
と帰ってきたのだった。

いま、書いて思った。
…ひどいはなしだ。
おでは社交面をもっとちゃんとするべきだと思う。

今年の目標 ② 「遠慮をまなぶ」

だけど、まあ、結果オーライてきな?
今日、サボ子さんをお届けにあがったのだが、
先輩ご夫婦は、サボ子さんをあたたかく迎えてくれた様子だったし、
きれいに片付いたお部屋で、サボ子さんも気持ちよさそうに見えた。
サボ子さんの無数の手を見て、
これは切ってもいいの?
と聞いていたのが若干きになるが、
切ってもいいけど、白い血を流します、
というおでの言葉に、かなりひいていたので、
たぶん、切らないだろう。

こころからサボ子さんの幸せを祈る。

CIMG1054.JPG

(おしまい)

買ってもうれしくないもの [日記]

おでのPCは、おとっつあんのおさがり。
だからちょと古い。
でも、どこも壊れてないし、このようにブログを更新したりもできるので、
ふつうに愛用しているが、
おとっつあん曰く、「いつ死んでもおかしくない」状態なのだそうだ。

というわけで、新しいPCを買った。

CIMG1815.JPG

よぼよぼのわしには今時のPCのことなど、皆目見当もつかんので、
お値段具合と、ポイント20パーセント還元具合だけに注目し、
これにしたのじゃが、

CIMG1817.JPG

その選択がただしかったのかどうかは、わしには死ぬまでわかるまい。
何でもいいんじゃ、動けば。

そういったわけで、新品のPCが家にやってきても、
おでのテンションはあがらない。

むしろ、さがりがち。

旧PCからの引越しがうまくいかず、
昨日、かんしゃくを起こした。
そして、今日はもう、いやになった。

現在は、古いPCを使っている。
やっぱりこっちがいいわね~ん、とか言って、
新PCの存在を無視している。

でも、なんとなく、いけないことをしている気がする…。

ほったらかしの新PCが、おでを見ている気がする。
悲しい顔で。

vaioの文字が、orzてきにがっかりしているように見える。

CIMG1815.JPG

しょぼ~~んとしているように、見える。


わはははは~!しょぼ~んとしてるよ~~!!


って、笑ってる場合じゃないのは、わかってんだ。


(おしまい)

人生劇場 [日記]

さよならだけが人生だ


と、いうお言葉がございますが、
まさに、おでの人生そんな感じ。


「お仕事やめるのやめたい」、
って前にもそんなこと言ってたような…、
と、過去のブログを検索したら、

あれはもう、4年以上前のお話。

とても楽しく、毎日、げらげら笑わせていただき、
酔っ払ってご迷惑をおかけしたこともあった…、
お仕事でも、つか、ほとんどお仕事をした記憶がないほど、おではアレだった…、
そのような、現在の職場のみなさんとも、
お別れのときが近づいており…。

送別会をしていただきました。

お仕事はほとんどアレだったのに、送別会をしていただける?
ただで、飲んでいいって?ホントにー?

ひょっとすると、「今までよくもやってくれたな!」てきな、
みなさんのたまりにたまった怒りが爆発して、宴会場がリングになり、
最後の最後に、おではぼこぼこにされるのではないかと、
そのような不穏なことも、ちらっと頭に浮かびましたが、

大丈夫でした。

おでは、無料でおいしいものを食べさせていただき、
お酒もいいやつをごくごく飲ませていただき、
更に、みなさんは記念品までくださいました(;_:)
宴会場がリングになる、などと、一瞬でも想像したおでを許してください。

すえひろがり.JPG

↑記念品としていただいた、書道家・渡部大語さんの扇子。


こ、これは…。


やれと、いうこと?


噺家ばりに煙管に見立てて、吸うまねを…。


わかりました、やらせていただきます!(←ミッソ脳内の声)


すぱー、すぱー、とやったところで、


やめなさい(笑)。


とたしなめられました。
おでは噺家ではないので、「あー、下手だったからかな?」と思いましたけど、

違いました。

そういうことしてはいけない、ものすごく価値のあるお品だからです。

この期におよんで、ごめんなさい。

大事にします。

とても大事にして、死に際まで傍らにおき、死ぬときは一緒に棺おけに入ります。
…というのは、若干おおげさな気もしますが、
そのくらい大切にいたします。

でも、みなさまとの思い出は、もっと大切。

ときどき思い出しては、何度でもくすくす笑える思い出は、
なによりの宝物でございます。
さっそく、本日は送別会の出来事を思い出して、
くすくす笑っておりました。

あと数日間、おせわになります。
宝物のストックはギリギリまで、まだまだふやしたいと思っておりますので、
何卒よろしくお願い致します。

(おしまい)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。