So-net無料ブログ作成
こばなし ブログトップ

ドイツジョーク7 [こばなし]

浅草演芸ホールあたりじゃ、あんまり見ない感じの、
三味線の出囃子が、似合わない感じの、
スーツ姿の外人が立ってしゃべりそうな、
そんな感じの、ジョークです。

===========================

目の前のビールに手をつけず、男はしょんぼり座っていた。
いつもの飲み仲間がやってきて、
挨拶がわりに、男のビールを飲み干した。
とたんに、男はわっとばかりに泣き出した。

「おいおい、僕ちゃん、たったビールの一杯で、大の男がみっともない。」

「ちがわいちがわい!
家に帰りゃ、家財道具が何もない。
銀行の金も、からっぽさ。
女房がぜんぶ持って、出てっちまった。
元々失業中の身の上だ。
生きてたってしょうがない。
電車に轢かれて死のうとしたが、今日はスト。
首くくって死のうとしたら、ひもが切れ、
あたま撃って死のうとしたら、銃は壊れているときた。
だから、最後の金でビールを買って、毒入れて、
ぐっと飲んで死のうとしたら、お前が飲んじまったのさ!」

===========================

※小咄愛好家ミッソのコメント※

ジョーク集は、ひとまず、ここまで。
なぜなら、ネタ切れ。
おでの頭は、ふけだらけ。

(おしまい)
nice!(11)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:お笑い

ドイツジョーク6 [こばなし]

本日のは、大喜利のお題にありそうな、ジョーク。

歌◎:えー、皆さんは、
「~と、~の、どちらかを、やめなきゃいけないらしいんだ」、
と、アタシに言ってください。
そしたらアタシが、
「どっちを、やめるんだい?」
と、聞きますので、それに続けてください。
はい、◎楽さん!

======================

「女とワイン、どちらかを、やめなきゃいけないらしいんだ」

「どっちを、やめるんだい?」

「製造年、次第だな。」

======================

※小咄愛好家ミッソのコメント※

こんな女性視聴者を敵にまわす回答は、しないか。。。


(おしまい)
nice!(7)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:お笑い

ドイツジョーク5 [こばなし]

ドイツで「ブロンド女」、といえば、バカの代名詞だそうです。
理由は、知りません。
毎度、半端な情報で、すみません。
ちなみにおでは、ブロンドではありません。
じゃあ、バカじゃないかというと、それはわかりません。

===========================

男の席は、ブロンド女の隣だった。
長時間のフライトに飽きて、男は女に話しかけた。
しかし、女は億劫そうに眠い目をこすっている。
それでも、男はあきらめず、

「僕とゲームしないか?
僕がクイズを出して、君が答えられなかったら、君は僕に5ユーロ払う、
逆に、君のクイズに僕が答えられなかったら、僕が君に5ユーロ払う、
楽しそうだろ?」

女は首をふり、シートを倒してしまった。
それでも、男はあきらめず、

「じゃあ、こうしよう!
もし、君が答えられなかったら、5ユーロだけど、
僕が答えられなかった場合は、君に500ユーロはらうよ!」

ついに女は頷いて、男は女に最初のクイズを出した。

「地球と月の距離は何キロ?」

女はだまって財布をつかみ、5ユーロを男に渡すと、
自分のクイズを出題した。

「山に登る時は3本足、降りるときは4本足、さて、なあに?」

男は考えに考えた、しかし、答えが全くわからない。
1時間、悩み抜いたのち、
ついに男は降参して、女に500ユーロを支払った。
「どうも」、女は金を受け取り、男に背を向けて寝てしまった。

しかし、男はクイズの答えが気になって眠れない。
とうとう、女をつつき起こして、訪ねた。


「クイズの答えは、何だ?」



女はだまって財布をつかみ、5ユーロを男に渡した。

==========================

※小咄愛好家ミッソのコメント※

クイズ好きは、このオチにいらっとするのではないかと思います。
おでは、相当、いらっとしました。

(おしまい)
nice!(5)  コメント(13)  トラックバック(0) 
共通テーマ:お笑い

ドイツジョーク4 [こばなし]

本日のジョークは、
浅草演芸ホールあたりで、
ギター漫談の師匠あたりが、やりそうな。
中高年の方あたりに、受けそうな。

まあ、そのような感じです。

=========================

アタシがもすこし若かった頃は、結婚式に行くのがいやでね。

親戚のおばちゃんたちが、アタシをつっつくのよ、

「次は、あんたの番よ」、って。

でも、あれから、誰も言わなくなったわ。

アタシも言ってやったの、

「次は、あんたの番ね」、って。





葬式で。

=========================

※小咄愛好家ミッソのコメント※

うちのオカンには、まちがいなく受ける。

(おしまい)
nice!(5)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:お笑い

ドイツジョーク3 [こばなし]

初雪が降りまして、いよいよ冬将軍の到来でございます。
天気予報によれば、しばらく最低気温は氷点下。
最高気温も2、3℃だそうです。
これから春まで、ずっとこんな感じなのでしょう。
ふ~ん。

さて、本日も小咄をひとつ。

======================

40年以上シカゴに住んでいる、中東の老人。
庭にじゃがいもを植えたいのだが、彼は一人暮らし。
年老いて、体力もない。
そこで、パリの大学に通っている息子にメールを書いた。

 愛するアーメッド、
 私は庭にじゃがいもを植えられなくて、とても悲しい。
 もし、お前がここにいたら、庭を耕してくれただろうに。
 父より

すぐさま、息子から返事が届く。

 愛する父さん、
 何があろうと絶対に、庭をいじらないでください。
 あそこには僕のいわゆる、「ブツ」が隠してあります。 
 あなたのアーメッドより

半日もたたぬうちに、陸軍、海軍、FBIとCIAが老人の家をとりかこんだ。
そして、庭の土という土を掘り起こし、1ミリの隙もなく調べた。
しかし、何も発見されず、失望のうちに彼らは撤退。

その日のうちに、息子から再びメールが届いた。

 愛する父さん、
 今や庭は完全に耕されて、じゃがいもを飢えられるようになったと思います。 
 愛を込めて、アーメッドより

========================

※小咄愛好家ミッソのコメント※

笑えない。
つか、何これ?都市伝説?
おではそう思ったのですが、おとっつあんに話したら、大うけ。
これは使えるっつって、おとっつあんネタ帳に加えていました。
ふ~ん。

(おしまい)
nice!(5)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:お笑い

ドイツジョーク2 [こばなし]

前回のも、今回のも、ドイツのHPを参照しているってだけで、
元来ドイツのジョークかどうか、実は、定かでない。
でも、この咄はなんとなく、ドイツっぽい気がするんだけど、
どうでしょう?

=============================

妻のネコを捨ててしまいたいと思っている、男がいた。
ある日、ついに捨てに行く決意でネコを車に乗せ、20軒先まで走り、ネコを放して家に帰った。
しかし、10分後、ネコは戻ってきた。
「そうきたか」、男は考えた。
「距離が短すぎたのかもしれない」、
再びネコを車に乗せ、今度は5キロ先まで走って、ネコを放した。
しかし、20分後、ネコはやはり戻ってきた。
「こんどこそ!」、
男はネコを車に乗せ、森を通り抜け、橋を渡り、右へ左へ、20キロ走って、
ついには森の真ん中でネコを放した。
30分後、男は家に電話をかけた。
「そこにネコはいるか?」、妻に尋ねる。
「ええ、どうして?」
「ヤツと電話をかわってくれ、道に迷ってるんだ」

===========================

※小咄愛好家ミッソのコメント※

途中でオチがわかっちゃう、という致命的な欠点が気にならなくもないのですが。
動物ネタは、かわいいので許す。
って、毎度偉そうな、おでのコメントは、許されるのか?

(おしまい)
nice!(4)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:お笑い

ドイツジョーク1 [こばなし]

ネットで発見した、小咄。

======================

最近、知らないおじさんがしょっちゅう僕んちに来て、おっかさんと一緒に寝室にこもるようになったんだ。ある日、僕は寝室の洋服ダンスに隠れて、ふたりが何やってんのか、見ることにした。

そしたら、おとっつあんが急におうちに帰ってきちゃってさ。おっかさんは慌てて、僕が隠れているとは知らず、男を洋服ダンスに押し込んだんだ。

僕「このなか、暗いね」
男「そうだな」
僕「僕ね、いいサッカーボール、持ってんだ」
男「そりゃ、よかったな」
僕「おじさん、買わない?」
男「いらないよ」

僕「おとっつあんは今、お外にいるけど・・・」
男「わかった!いくらだ」
僕「250ユーロ」

次の週もまた、同じことが起こってさ。僕らはふたり、洋服ダンスのなか。

僕「このなか、暗いね」
男「そうだな」
僕「僕ね、いいサッカーシューズ、持ってんだ」
男「いくらだ」
僕「500ユーロ」

数日後、おとっつあんが僕に言うんだ。

父「おまえに買ってやったサッカー道具持って、そのへんで遊んでこい」
僕「無理。 あれ、ぜんぶ売っちゃったから」
父「いくらで?」
僕「750ユーロ」

父「そんなばかな話があるもんか!750ユーロっつったら、買った値段より高いじゃないか!おまえ、友達をだましたな!悪い子は教会で懺悔しなさい!!」

おとっつあんは僕を教会につれてきて、懺悔室に押し込み、カーテンを閉めた。


僕「このなか、暗いね」


神父「しー!もう、勘弁してくれ!」

===========================
※小咄愛好家ミッソのコメント※

立派なひとだって、結構、やってる。
聖職者だって、にんげんだもの。

このテーマ、世界共通の笑いのツボ、といえますね。だから、校長先生がくしゃみして鼻水がとんだ、だだそれだけのことで、朝礼が中止になるほどの爆笑につつまれたりするのです。偉い人は、いいですね、簡単に笑いがもらえて。

(おしまい)
nice!(5)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:お笑い
こばなし ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。